2022年4月5日 投稿者: admin

老後の快適な生活!シニアが賃貸住宅の選び方で失敗しないコツ


収入や貯蓄に合った無理のない賃貸

賃貸物件に住む場合、住んでいる間ずっと賃料が発生します。定年後は、基本的に年金だけの収入だけで生活費を賄うことになるでしょう。毎月の家賃により生活費を圧迫しないよう、収入や年金額、貯蓄額を考慮した物件を選ぶことが大切です。

バリアフリーに対応している

交通事故よりも、家庭内で起きた事故によって亡くなられたかたの方が多いと言います。歳を取ってくると、足腰も弱り、些細なことでも転倒事故に繋がることがあります。手すりが多く配置されていたり、滑りにくい床面だったり、敷居などの段差を極力排除していたりなど、事故を防止するためバリアフリーに対応している賃貸を選ぶことが大切です。

主要な施設までのアクセスが良好

賃貸を選ぶ時は、デイサービスなどの福祉施設、商業施設、病院、金融機関など、日常的に利用する施設へのアクセスのしやすさがとても重要です。生活するために欠かせない施設が徒歩圏内に多く立地している場合、暮らしやすさも高まるでしょう。駅やバス停があれば、どこに行くにも非常に便利になります。ちょっと歩けば海の近くだったり、景色がキレイな公園があったりすれば、毎日散歩したくなり、気分転換や運動不足の解消などにも繋がるでしょう。

セキュリティ面が充実している

老後に安心して暮らしていくためには、セキュリティ面が充実していることも重要になってきます。防犯設備が充実していたり、オートロック完備の賃貸だったりすれば、不審者の侵入を防いだり、トラブルに巻きこまれたりするリスクを軽減できるでしょう。穏やかで安心な環境で生活するためにも、セキュリティ面にも注目しながら、賃貸を選んでいきましょう。

道東の中心都市、釧路の賃貸相場については、アパートタイプ、マンションタイプ、戸建タイプも含めて、4万円台が中心となっています。特に物件で見つけやすいタイプは、アパートタイプの2LDKとなっています。