2022年4月30日 投稿者: admin

注文住宅を購入するときのチェックポイント!業者とのトラブルを回避するコツ


よくある注文住宅の業者とのトラブルの事例

土地や家といった不動産を買うときには、業者との間で様々なトラブルに巻き込まれることがあります。トラブルが多い事柄の一つに「説明トラブル」があります。売る側の土地の調査から家の工事、費用の情報開示不足、説明不足によって引き起こる問題もあります。そして、「瑕疵トラブル」もよく起きる問題です。引き渡し後の土地や工事完了後の住宅に欠陥があるケースも近年多く発生しているトラブルになります。これらのトラブルを未然に防ぐためには、土地や家造りに関する細かい内容を十分に説明してくれる、信頼できる業者を見つけることが大事です。

そして、業者の重要事項説明書や契約書などに記載された内容を理解し、分からないことがあればその都度質問し、納得したうえで契約することが大事です。また、契約前に土地の状況を確認したり、工事中も計画通りに進んでいるか確認に行き、自ら現地チェックをするようにしましょう。

業者の良悪を見極める!業者選びは慎重に

トラブルが起こるような注文住宅の業者を選んでしまわないように、家を建ててくれる業者は慎重に決めるようにしましょう。最低でも3社から5社の業者から見積もりを取ることが大事です。家造りの計画のことから工事事項、工事の期間や契約内容、費用の詳細などを比較検討します。見比べることで、相場をチェックできますし、ずさんな見積もりがあったとしたもスグに見極められます。業者の概要や施工実績、保証内容なども確認したうえで、安心して任せられる業者を選びましょう。

注文住宅の間取りは、限られた広さの中で空間を活かすためのポイントがあります。それは、シンプルで短い動線にすることや、周辺環境や方位・立地に合わせた日当たり考慮すること、生活音を配慮することです。